柏ニュース

2018年8月9日㈭夏休みこども向けイベント「マネーゲーム」inこだち

8月9日㈭、デポーおおたかの森地域交流スペース(こだち)にて、小学生向け企画「マネーゲーム」を開催しました。定員18人は地域に住むお子さんですぐにいっぱいになりました。

 

マネーゲームは、「おこづかいはどこから来るの?お金を稼ぐってどういうこと?」をゲームを通して楽しく学べるワークショップです。ゲームの流れは、会社設立→資本金を基に道具や材料を購入→製品製作→製品を売り利益を得る→決算する。会社の仕事を疑似体験してもらうわけです。

 

             

 

小学1年生~6年生の子供たちに4つのグループに分かれてもらい、ゲームスタート!会社名は何にするか?社長は誰にするか?低学年も高学年も混じった各グループでわいわいがやがや話し合いが始まりました。

 

このゲームは、グループで会社としての利益の多さを競います。なので、制限時間内に利益を多く出すには、どの製品を作って売ればいいのか、高学年の子供たちを中心に熱心に作戦会議する姿が見られました。

 

製品づくりに入ると、子どもたちはもう真剣そのもの。みな自分ができるものを熱中して作っていました。制限時間が来ると、どのグループも「もう少し作らせて!」を連発。楽しいことはいつまでも集中してできますね!

 

製品を作っても、それが雑だったり、見本と違っていたら、定価で買い取ってもらえません。子どもたちたちは、売るためにはしっかりとした製品を作らないといけないことも学びます。

 

そして決算。利益を一番多く出した会社はどこか?子どもたちのドキドキワクワクな表情がとても可愛かったです。

 

             

 

最後に、参加した子どもたち全員から一言感想をもらいました。「工作が楽しかった!」「みんなでできて楽しかった!」という感想が多かったです。その中で印象的だったのは、グループの皆が同じことができるわけではなくて、低学年の子は簡単な色ぬり、高学年の子は少し難しい組み立てをやって、みんなで協力してできた。という感想でした。これぞ適材適所!子どもたちだけでこんな考えができるとは!とても楽しくて有意義なワークショップでした。

 

子ども向け「マネーゲーム」はリクエストがあれば随時開催いたします(参加人数8人~)。ご興味がある方はお気軽にお問合せ下さい♪

 

生活クラブ虹の街センター柏 04-7134-3801

 

 

                  YUKI.K

ページの先頭に戻る