松戸ニュース

10/25 化学物質講座 後半

化学物質講座 後半です
有害化学物質を家庭で防ぐ対策です。
 
●食材について
化学物質は脂身に蓄積されやすいので
魚は、よく洗う・ウロコ・内臓を取り、湯にくぐらせる。
肉は、脂身・内臓ばかり食べない。湯にくぐらせる。
 
●合成洗剤を無添加せっけんやナチュラルクリーニングに切り替える
実は国ではPRTR法に基づき環境汚染物質が環境へ排出された量や
汚染物質の情報を公開しています。
合成洗剤にはPRTR法の指定物質がたくさんあるので、
家庭にあるものと比べてみてね。
(例)直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩
ポリオキシエチレン 
LAS
ジクロロベンゼンなど
 
●香料について
合成香料 食べ物、または日用品添加されているものを減らそう
ホルモンかく乱作用や、アレルゲン、神経毒性があるといわれている。
EUでは26種をアレルギー物質として表示義務化としている。
私も臭いが苦手で困っているのが現状・・・
なんと、有明海の海水やイルカなどの海生動物、母乳、ヒト脂肪からも
合成香料を検出
熊本大学 實政教授らの研究で明らかになっているそうです。
 
●ドライクリーニングはみなさん利用してますか?
ドライクリーニングに使われている溶剤は98%が石油系の溶剤で
フィルターをたまーに交換するものの、交換しないで使い続けるそうです。
白いセーターがあれ?と思う色で戻ってくることを経験する方もいるそうです。
落ちる汚れは油汚れ!水溶性のたんぱく質や皮脂は落ちにくいそうです。
ダウンダウンコートは鳥の羽なので基本水にぬれても大丈夫、
お家でせっけんを使って洗ってみましょう。
乾かすときに羽に空気を入れてあげると良い。
ウールは冷たい水で無添加せっけんで洗うと縮みにくい、
元のサイズの型をとっておいて、
洗い終わったら型にのせて形を整えて干すのがポイントということでしたよ。

●ぷりぷりせっけんでシミが落ちる!!
講座の中でぷりぷりせっけんを作り、
家に帰ってからシミの落ちなかった服に試してみました。
無添加せっけんで洗濯していたけど落ちなくて仕方ない
と思っていましたが、見事に落ちました!
ぷりぷりせっけんをシミやワイシャツの衿汚れに少しつけて、
少しこすって他の洗濯物と一緒に洗うだけ!
松戸ブロックのコミュニティ「エコピカ」では、
せっけんや炭酸塩、酸素系漂白剤を使って
各自持参した衣類や台所用品の汚れを落としています。
合成洗剤からせっけんに変えてみようかなと思ったらぜひ参加してみましょう。
次回は11月27日(金)10:00~12:30 センター松戸で開催します。
詳細・申込みはこちらをクリックしてください
http://chiba.seikatsuclub.coop/activity/matsudo/event/2017/11/1127.html
今年の大掃除は手荒れなし・嫌な臭いもない、やさしい大掃除をしてみませんか?

イベント案内はこちら

ページの先頭に戻る