リラックス&リフレッシュツアーinちば 2014報告

3回目となる今年のリフレッシュツアーは、5組のふくしま単協組合員の皆さんをお迎えし、実行委員会メンバー、公募の組合員ボランティアの方々、その他にも多くの方のご協力をもって、すべての行程を無事に終了することが出来ました。本当にありがとうございました。

 
ふくしま単協からご参加いただきました皆さま、千葉での4日間はいかがでしたでしょうか?今回は、千葉県内の観光に加え、私たち千葉の組合員や、県内生産者との交流を企画しました。千葉のリフレッシュツアーに再度参加して下さった方々との再会も大きな喜びでした。このツアーが、皆さまのリフレッシュに少しでもお役に立てたとしたら幸いです。
 
一方で、事故後3年が経過した今も周囲に不安の声をあげることが難しいとか、自宅に除染土が置かれたままになっている、などの状況が続いていることなどをお聞きし、あらためてふくしまの現状を直接知ることの大切さ、継続的な交流の場と支援の必要性を実感しました。
 
これからも、ふくしまの皆さまの元気を心より応援しています。
是非また千葉を訪れてください。お待ちしています。
 
生活クラブ生活協同組合・千葉 
リフレッシュツアー実行委員会委員長 榊原樹子

開催概要

目的
ふくしま単協と千葉単協の相互交流の機会と被災地支援活動として。
子どもたちが少しでも放射能からの被曝を避けられるよう、夏休みを利用し子どもたちの一次預かりを実施する。
福島の子どもと知る権利を守ることと不安解消を目的に、希望者へ甲状腺検診を行う。
期日 2014年8月5日(火)~8日(金)
宿泊地 風のロッジ(八街市東吉田8-1)
対象
生活クラブふくしまの組合員 5家族18名
(大人6名、高校生1名、中学生3名、小学生5名、園児2名、乳児1名)
参加者数 約40名(組合員、役員、職員、グループ団体職員)
プログラム
1日目  東京駅構内見学、昼食、甲状腺検診(希望者)、手賀の丘公園
ウェルカムパーティ:風の杜ひろば
2日目 朝食:生活クラブ風の村特養ホーム八街、成田ゆめ牧場、航空科学博物館
夕食交流会、花火、すいか割り:風の杜ひろば
3日目 朝食、東京ディズニーシー
4日目 朝食、タイヘイ工場見学、特急 成田エクスプレス(成田空港→東京)
天候 1日目:晴れ  2日目:晴れ  3日目:晴れ  4日目:くもり時々雨
主催 リフレッシュツアー実行委員会
共催 東日本大震災被災者支援ネットワークちば
協力 VAICコミュニティケア研究所八街センター/生活クラブ風の村特養ホーム八街/生活クラブ虹の街/生活クラブ虹の街 佐倉ブロック/生活クラブ虹の街 千葉ブロック/組合員ボランティア

 

活動報告

ページの先頭に戻る