虹の街ニュース

原子力規制委員会に意見書を提出しました。 老朽化した美浜発電所3号炉は、再稼動せずに廃炉にすることを求めます。

8月、原子力規制委員会は、美浜発電所3号炉について、新基準に適合しているという審査結果をまとめました。 福島原発事故後に原発の運転期間を原則40年に制限する制度が導入されましたが、高浜原発に続き美浜原発についても、例外を認めるような審査結果になっています。
生活クラブ連合会と生活クラブ虹の街は、原子力規制委員会に 老朽化原発の稼働延長に反対する内容の意見を提出しました。
 
 
▼意見書の内容はこちら(クリックでPDFファイルが開きます)

ページの先頭に戻る