虹の街ニュース

フードバンクちばへの取り組みにご協力いただきありがとうございました

◆8・9月実施 フードバンクちば取り組みの報告◆
― 286人より1705点の食品が集まる ―

 

生活クラブ虹の街は、フードバンクちばへの協力をスタートしました。フードバンクとは、品質に問題がないのに何らかの理由で廃棄せざるをえない食品を、企業・団体・個人から集め、必要としている人に無償で届けるボランティア活動です。千葉県ではワーカーズコープちば(企業組合労協船橋事業団)を母体とするフードバンクちばが、生活に困窮する方々に無償で食材を提供するため、広く食材提供を呼びかけています。
 
生活クラブ虹の街では、実験取り組みとして2月にセンター千葉での配送便による食品の直接回収を行いました。レトルト食品や缶詰、米など80人の組合員より合計503点の提供がありました。
 
今回は、全センター・デポー(※真砂は除く)で実施し、286人より1705点回収することが出来ました。
ご協力をいただき、ありがとうございました。
組合員の皆様からも、「生活クラブならではの取組みで、どんどんこれからも行ってほしい」との貴重なご意見も多数頂戴しました。
 
次回回収の日程は、2017年1月末~2月初めを予定しています。
 
引き続き皆様のご協力、宜しくお願いします。
 
 
 
 
▲センター千葉にて、回収しまとめられた食品の様子
 

ページの先頭に戻る