虹の街ニュース

原発事故損害賠償費用について生活クラブ虹の街(千葉)が意見書を提出しました

生活クラブは、原発のない社会をめざして、さまざまな活動に取り組んでいます。
 
原子力事故に伴う損害賠償について、原子力損害賠償法を見直す議論がありました。原子力発電事故への賠償は、事故を引き起こした事業者に本来責任があります。事故が起きた場合の責任を他に転嫁することは、発電事業者の安全へのモラルや投資の低下を招きかねません。
 
生活クラブ連合会と生活クラブ虹の街(千葉)は、今後も現在の法制度を維持することと賠償のリスクについて、内閣府原子力委員会へ意見書を提出しました。
 
生活クラブ虹の街が提出した意見書は以下のとおりです。

 
▼意見書の内容はこちら(クリックでPDFファイルが開きます)

ページの先頭に戻る