虹の街ニュース

児童養護施設と自立援助ホームの子どもたちに、私たちのお米を食べてもらおう!

 
生活クラブでは、生活クラブ風の村の児童養護施設(生活クラブ風の村のはぐくみの杜君津)建設にあわせて、「はぐくみの杜を支える会」を設立しました。この間、はぐくみの杜君津に暮らす子どもたちの生活・自立の支援を目的に、虹の街や各ブロック・生産者が会員となるほか、組合員にも継続して会員加入や寄付、物品支援・企画参加を呼びかけてきました。また、WEBを通じて米の寄付を継続して呼びかけており、各地から支援が寄せられています。ご協力ありがとうございます。
これらの物品寄付により、実際にこれらを購入するのに必要な費用を、子どもたちへの措置費では不足する他の支出にまわす事ができています。
 
君津市には、同じく生活クラブ風の村の施設で、児童養護施設を退所した若者や自立のための支援が必要な若者が入所する、自立援助ホーム「生活クラブ風の村人力舎君津」があります。
 
「はぐくみの杜」の子どもと「人力舎」の若者とそれぞれの職員の日々の食事に、月約150キロの米を消費しています。はぐくみの杜を支える会の生活支援活動への協力として、両施設の子ども・若者たちの主食として欠かせないお米を寄贈する活動へのご協力をお願いいたします。
 

<お申込み方法>

下記リンクファイルを印刷してご提出ください。
◆「はぐくみの杜君津」「人力舎君津」へのお米の寄付申込書→申込用紙
 (5/26(金)〆切 配達便またはデポーフロアにご提出ください)
 
 
※お米の価格は、「無洗米ちばあさひ米5kg」¥1,915(税抜)です。
※支援用に購入いただいたお米は、虹の街を通じて直接施設に届けられ、6月の共同購入代金として引き落とされます。
 
▼詳細は下記をご確認ください↓(クリックで拡大されます)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問合せ:生活クラブ虹の街 福祉・たすけあい事業部 043-278-7768

ページの先頭に戻る