虹の街ニュース

古着や毛布、バッグなどを配達便で回収します

生活クラブは、アル・カイールアカデミーを支えるJFSAの古着回収に協力しています。

 

※2016年度(2016年4月~2017年3月)は、組合員の皆様などから25t038.1kg(5,511名の参加)の回収のご協力をいただきました。ありがとうございました。

 

センター(配達便)回収日程について

対象エリア

センター柏、センター千葉、センター佐倉、センター松戸、センター市原、センターベイ(浦安市・市川市の一部除く)
*浦安・行徳地域では配達便による回収は行ないません。同地域ではファイバー・リサイクルうらやす(FRうらやす)がリサイクル業者と協力して古着を回収し、その収益の一部をJFSAに寄付しています。
 

センター(配達便)古着回収日程

  古着回収日
2017年6月 5(月)~9日(金)、12日(月)~16日(金)
回収方法について
 
  • 牛乳便での回収は行なっていません。
  • 回収期間中に古着を入れた袋に回収申込書(チラシ下部)を入れてお出し下さい。不在でも回収します。
  • 配達便での回収は1回につき1袋(65cm×80cmゴミ袋特大サイズ程度)まで。
  • 受付品目が決められています。
当HPまたは期間前に生活クラブより配布されるチラシにてご確認ください。
回収受付け品目など詳しくは、こちらのページもご覧下さい。
 

いつもJFSAの古着回収にご協力いただきありがとうございます!
 
  • 学校の運営を支える古着販売事業
 JFSA は、1995 年から、パキスタンのスラム地域の学校「アル・カイールアカデミー」の運営資金を作るための古着販売事業を、アル・カイール事業グループ(AKBG) とともにすすめています。
 皆さまから寄付していただいた古着や毛布、バッグは、現地の方に差し上げるのではなく、全て販売をします。集まった古着類のうち、年間約90 トンをパキスタンに輸出し現地でAKBG が販売し、生み出された収益は学校の運営費に使われます。約20 トンは日本国内のJFSA古着ショップ(千葉・柏)、フリーマーケット、デポーなどで販売してアル・カイールアカデミーを支援するJFSA の活動の資金としています。
 

 

ページの先頭に戻る