虹の街ニュース

動画「リユースびん物語」ができました

生活クラブ連合会が参加している「びん再使用ネットワーク」(*)では、リユースびんを広く知ってもらうために動画「リユースびん物語」を制作しました。

「日常に追われている3人の女性が、ふとしたきっかけでリユースびんに出会い、生き方をすこし変える」というストーリーです。

リユースびんって何?どんな意味があるの? PETボトルなど、使い捨ての容器に慣れ親しんだ若い世代にもさりげなく、わかりやすく、一般に販売されている牛乳びんや一升びん、生協のRびんなど、びんを返却して繰り返し使うこと(リユース)について説明しています。

おおぜいのみなさんにごらんいただくよう、おともだちやご家族にもご紹介ください。

 

(*)「びん再使用ネットワーク」とは?

環境保全・資源循環型社会の構築をめざした生協団体のネットワークとして1994年4月設立以降、リユースびん(Rびん)普及のための活動を継続してきました。2018年4月現在、生活クラブ生協連合会、パルシステム連合会、東都生協、グリーンコープ連合の4つの生協団体が加盟しており、それぞれ中身は異なりますが、容量別に7種類の規格統一びんを使用しています。

「びん再使用ネットワーク」のウェブサイトはこちら。http://binnet.org/

ページの先頭に戻る