虹の街ニュース

やさいの学校 落花生収穫報告

9月1日土曜日、やさいの学校の収穫作業に山武市へ行ってきました。
この日は5月の種まきに参加した11家族が集まりました。
果たして落花生は無事に育っているのでしょうか?
 
今年は暑さと水不足のため、生育が心配されましたが、
畑には立派に育った落花生が青々と茂っていました。
まわりには雑草もなく、とてもきれいだったのですが、
これは「さんぶ野菜ネットワーク」の川並さん夫婦が
夏の間、雑草の処理をしてくださっていたのだそうです!
 
落花生は、株を持って畑から引き抜くと、根ではなく茎の先に実が付いています。
(落花生は、花が咲いて落ちた後、それが土の中に刺さり実ができます。)
この中から、中身が詰まった実だけを選別して一つずつ手で取っていくのですが、
これがなかなか大変な作業。
暑い中、集中して選別するため思うように進みません。
このような作業を経て私たちに届いているのか…と思うと、
落花生一つ一つがとても貴重なものに感じます。
 
また昼食では、女性部「サンSUNママさん」によるお料理をいただきました。
使っている食材はもちろん さんぶ野菜ネットワークの有機野菜です。
収穫したばかりの落花生をはじめ、さんぶ自慢のにんじん、旬のナス、
たくさんの野菜をおいしくいただきました。
 
これらのおいしい野菜は、私たちが利用することで
生産者の皆さんが安心して生産することができるのです。
たくさんの組合員でしっかりと食べ支えていきたいですね。
 
やさいの学校、次回は来年度に開校予定です。
生産者とふれあい、食について家族で考える貴重な機会。
ぜひ皆さんもご参加ください!

ページの先頭に戻る