虹の街ニュース

遺伝子操作をされた食べものってなぁに?参加者受付中

遺伝子組み換え食品を世界で1番食べているのは日本人って知っていますか?例えば、私たちに身近な食品ではお茶・ジュース・飴などがあります。

 

遺伝子操作とは、品種改良とは異なり、人為的に遺伝子を操作する技術で、自然界では起こりえない事です。

 

今回、遺伝子組み換え問題について世界的に活躍されている

印鑰 智哉(いんやく ともや)氏を講師にお招きして

遺伝子組み換え技術がどのようなものであるか、ゲノム編集にどのような問題があるかをお話いただきます。

 

日時:2018年11月1日(木)10:00~12:30

場所:モリシアホール 地図

受付:9:30開始(託児利用の方は9:45までにお越しください)

参加費:無料

参加申込み:

託児ありの場合、10月19日(金)締切

託児なしの場合、10月26日(金)締切 

 

 

スケジュール予定

10:00 開会・主催者挨拶(5分)

10:05 講演会(90分)

11:35 質疑・応答(20分)

11:55 生活クラブの取組み(20分)

12:15 生活クラブからのお知らせ

12:20 閉会

 


ページの先頭に戻る