環境・社会へのとりくみ

私たち生活クラブでは、消費材(生活クラブの品物)の共同購入を通じて、生産・消費・廃棄にいたる循環のしくみを作っています。さまざまな環境問題についても、こうした活動を通じて、資源循環型社会のモデルづくりをすすめています。 また、ダイオキシンをはじめとした環境ホルモン物質問題や、容器包装リサイクル法の問題の解決に向け、行政へ環境保全策の確立を求める活動を続けています。

震災復興・原発被災者支援活動

東日本大震災で被災した組合員、提携生産者への支援、および福島原子力発電所事故で被害を被った組合員、生産者への支援など、現地での活動やカンパ活動に取り組んでいます。

原発のない社会をめざして

生活クラブは、風力発電の建設、太陽光発電の普及に取り組むなど、原発のない社会をめざしています。

エネルギー自給へのとりくみ

 生活クラブは限りある化石燃料や未来世代に大きな不安を残す原子力から、市民による持続可能な自然エネルギー社会をめざします。そのはじめの一歩として、首都圏にある4つの生活クラブ生協(東京・千葉・埼玉・神奈川)は共同で『生活クラブ風車(愛称:夢風)』を建設し、エネルギーの自給運動にチャレンジします。

遺伝子組み換え作物対策

遺伝子組み換え作物は、食の問題であるとともに環境問題です。 全国にひろがる運動を進める団体の活動を伝えたり、地域での監視活動の強化に取り組んでいます。

せっけん運動

子どもたちが安心して生きていくことのできる未来は、私たち一人ひとりの毎日の暮らし方にかかっています。石けんを使う暮らしは、家族の健康を守り、環境を守る入り口です。 NPOせっけんの街と協力し、食用油の廃油からリサイクルせっけんや、BDF(生物由来のディーゼル代替燃料)を製造しています。せっけんは共同購入し、BDFは配送用トラックに使用しています。

グリーンシステム

くり返し使用できるリターナブルびんの利用促進など環境負荷を減らすために、毎日の生活でできるだけゴミを出さないためのとりくみです。

エコライフ家計簿

生活クラブのエコライフ家計簿は、家庭での二酸化炭素(CO2)排出量を簡単に計算・表示できます。

ページの先頭に戻る