ここからサイト内共通メニューです。

組合員活動

県内を6ブロックに分けて、組合員が様々な活動やイベントを企画しています。

活動ブログ


佐倉ブロック
オンライン秋の集い♪
11 月19 日、Zoom を利用し「秋の集い&クリスマスリース作り」を行いました。参加者には事前にリース材料の一部を届け、追加で各々が飾りを準備しました。
秋の集いではお正月のおすすめ消費材を参加者から聞いたり、コロナ禍での過ごし方などを意見交換。
リース作りには、コミュニケーションひろば講師の中井芳子さんが登場。丁寧でわかりやすい説明に参加者は集中し、素敵なリースができ「また参加したい」「赤ちゃんがいるのでZoom 企画は嬉しい」と好評でした。
コロナ禍でも組合員同士がつながり、楽しい時間を共有できるような企画をまた開催したいと感じました。



松戸ブロック
オンラインさば水煮缶&味噌煮缶を試食しよう&秋の集い
11 月17 日、Zoom を利用し「さば水煮缶&味噌煮缶を試食しよう&秋の集い」を行いました。
参加者8人には事前に届けたさば缶(2種)を使った料理を用意してもらい、オンライン上で自慢の1品を紹介し合いました。
和風にも洋風にもアレンジされていて、「今度つくってみよう!」がたくさんありました。お互いに気になるレシピなどを聞いたり、楽しく情報交換できました。
後半は集いを行いながら試食タイム。初めて食べる方が多かった味噌煮缶もおいしいと好評でした。
オンラインだから参加できたといううれしい出会いもあり、コロナ禍でもアイディアと工夫で楽しい時間を見つけていきたいと思います。

柏ブロック

初オンライン企画「鶏肉学習会」
9月25日、センター柏にて鶏肉学習会を開催しました。
組合員5人と理事・運営委員合わせて13人が参加しました。
はじめにYouTubeで丹精國鶏の動画を視聴し、その後、㈱秋川牧園の佐藤尚志さんによる学習会と丸鶏解体講座が行われました。
通常の実開催に比べてお話は短めでしたが、丹精國鶏の特徴や市販品との違いがよくわかりました。
丸鶏の解体も実開催では見えないアングルから手元を見ることができ、オンラインならでは。
参加者からは「丹精國鶏が大切に育てられていることに改めて感謝したい」「チキンハンバーグがとにかくオススメ!」という感想・意見をいただきました。
参加者同士の意見交換会も盛り上がりました。



千葉ブロック
オルター・トレードジャパン オンライン生産者交流会
9月25日、㈱オルター・トレードジャパン(ATJ)との生産者交流会をオンラインで開催しました。
ATJ はバランゴンバナナなど食べ物の交易を行う会社で、今回はエコシュリンプの話を聞きました。
インドネシアにあるオルター・トレード・インドネシア(ATINA)社は、周辺の自然を破壊することなく多様な生態系のなか、のびのびとした環境の下で健康なエビを育てています。
一般的なエビに用いられる人工飼料や抗生物質は一切与えられることがないので、水の汚染も極めて少なく、生活クラブがめざすサステイナブルな環境保全型のエビなのです。
事前の市販のエビとエコシュリンプの食べ比べでは、エビ本来のおいしさ・身が締まっていて味が濃いこともわかりました。

 

市原ブロック
オンラインでライフプラン講座
9月17日、センター市原と組合員宅をつなぐZoomでライフプラン講座「我が家の保障」を開催しました。
参加者には事前に配達便でテキストを送付し、当日は画面でも共有するなど、Zoom企画も慣れてきて運営もスムーズに。
講師はFPの会の鵜沢孝子さん。
初めて受ける方におすすめの、生命保険(死亡保険)と医療保険についての講座で、今回は1時間の短縮版でした。
参加者から「わかりやすい」「また別の講座も受講したい」と好評でした。
市原ブロックはエリアが広く、多くの方に参加してもらうのに講座の開催場所が課題でしたが、オンラインの場合通信条件が整えばどこからでも参加できるので、今後も要望のある講座を企画したいと思います。


ベイブロック
はじめてのオンライン生産者交流会
8月7日、ヱスケー石鹸㈱生産者交流会をオンライン(Zoom)で行いました。
ブロックで初めてのオンライン交流会でしたが、夏休み中のお子さん含む30人を超える組合員が参加しました。
ヱスケー石鹸の木曽基之さんのお話は、石鹸の歴史から成分について・効果的な活用法や豆知識など盛りだくさんでした。
Zoomの画面共有機能を使っての説明もわかりやすく、オンライン学習会の良さを感じられる充実した時間となりました。
新型コロナの影響で自宅で過ごす時間が増え、掃除に洗濯・食器洗い・手洗いと石鹸は例年以上に活躍しています。
まだまだおうち時間が長くなりそうです。
皆さんもぜひ日々の生活やお掃除などに人にも環境にもやさしい石鹸をご活用ください!

 

Instagram

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
-->
共通フッターメニューここまで。