ここからサイト内共通メニューです。

台風15号による被災状況について①

2019年9月8日、非常に強い台風15号の発生により、千葉県内に甚大な被害がもたらされました。
暴風が千葉県全体に猛威を振るい、特に房総半島から北東部を中心に被害が大きく、当初は県内で56万件ほどの停電や多くの断水などライフラインが停止しました。

9月13日現在、千葉県内での停電軒数は221,900軒、地域により断水も続いています。
また建物、家屋の倒壊や倒木、ライフラインの復旧の遅れなど、地域の生活に多大な影響を及ぼし深刻さを増しています。組合員や生産者、役職員、そして被災された全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。

生活クラブ虹の街では、生活クラブ連合会、生活クラブ関連会社と連携し、災害の直後より生活クラブ虹の街の組合員、千葉グループ団体である生活クラブ風の村および生産者の被害状況の把握に努め、同時に被災地域の生活クラブ虹の街の県南部地域組合員、生活クラブ風の村はぐくみの杜君津(児童養護施設)、生活クラブ風の村特養ホーム八街(特別養護老人ホーム)へ緊急支援物資を届けはじめています。
今後、地域の組合員や生産者の支援要請に応じて、支援物資の供給を継続しておこないます。また今後被害にあった生産者に向けてのカンパ金の募集について検討します。

センター、デポー施設の被災状況(9/9(月)時点)

・センター佐倉の1階にあるワーカーズ運営の喫茶店の屋根テントが強風により破損しました。また同施設の物置も強風により破損しました。他センターやデポーでは雨水の室内への吹き込み等ありましたが大きな損害はありませんでした。

・台風の被害が多かった地域に該当する千葉本部、センター千葉、デポー真砂、デポーみつわ台、デポー園生(千葉市)、センター市原(市原市)、センター佐倉(佐倉市)では、幸いにも停電エリアから外れ、虹の街全施設で停電はありませんでした。



 

センター職員の配達状況(9/9(月)時点)

・多くの電車の運行が停止していたため、電車通勤の職員の出勤時間が午後になるセンターがありました。また車で出勤の職員も交通渋滞により出勤が遅れ、可能な範囲で組合員宅に遅延の連絡をセンターからおこないました。

・全体的に停電している地域では信号機も作動しないため、交通渋滞が激しく配達に時間がかかりました。配達の遅れが発生する事を想定し、虹の街のホームページへ配達の遅れとお詫びを掲載しました。

・センター市原やセンター佐倉、センター千葉管轄では停電や断水している組合員宅も多くありました。またセンター市原や佐倉では自宅が同様の状況にある職員も多数いました。

・地域により倒木や信号機の停止などで帰着が遅くなることもありましたが、全部署で事故もなく無事に配達を終了しました。

・現在ではセンター市原、センター佐倉の県南部地域で一部配達の遅れが出ていますが、その他地域では通常とおり配達をおこなっています。




 

生産者の被災状況(9/13(金)時点)

・㈱AIC(アグリイノベーションズカンパニー)農場において鶏舎の破損、餌の自家配合所の破損、停電による餌給仕器をはじめとした機械の停止による飼養状況の悪化、餌箱の水没などの被害により鶏卵の出荷が全量できませんでした。停電が復旧しない状況から、㈱AICの出荷量が減少したため、9/13(金)の配達分より㈱生活クラブたまご(生活クラブ東京などに出荷している生産者)の鶏卵を代替供給として対応しました。停電が解消されたため、9/16(月)より供給再開予定となっています。

・丸和食品㈱(班・個配の豆腐生産者)は成田工場で停電が発生し、9/10(火)より豆腐類の全量が欠品となりました。9/13(金)に停電が解消されたため9/16(月)より供給開始予定となります。

・韓国食品㈱は停電が続いており製造ができないため、9/16(月)より欠品となっています。

・牛乳やヨーグルトの新生酪農㈱の茂原工場が停電しましたが、9/11(水)より復旧し供給を再開しました。

・千葉県漁連は停電により各品目の欠品が発生しています。

・(有)マルヨーのり製造所は停電の状態となり、9/12(木)解消されました。工場の煙突が折れる被害となりましたが欠品は出ていません。

・日東珈琲(株)は山武市の工場が停電となり稼動ができない状況ですが現在欠品は出ていません。

・千葉県内の農産物生産者は停電や断水、ビニールハウスの倒壊など多数発生しました。

・デポーの鮮魚生産者の(有)スズ市水産(所在地:千倉)では停電のため冷凍庫が不通となりましたが、解消後に供給を開始しました。



 

生活クラブ風の村 被災状況(9/13(金)時点)

・生活クラブ風の村はぐくみの杜君津(児童養護施設)では、地域全体が停電や断水となりました。施設のコンロはIHのため調理ができないため、急遽カセットコンロを準備しました。エアコンが使えず厳しい環境下となり、赤ちゃんの家(乳児院)の乳児数名を別の連携施設へ避難しました。

・9/10(火)早々にデポー真砂よりレトルトのカレーやノンカップ麺、スープ類やお菓子などを提供しました。以降、飲料や生活用水、消費材、虹の街からデポー真砂の惣菜お弁当(昼・夕方分60食)を支援物資として提供を続けています。9/13(金)現在停電は解消されていますが、断水となっていますので継続して支援をおこないます。

・生活クラブ風の村特養ホーム八街(特別養護老人ホーム)は地域全体が停電となりました。物資等不足していることから、9/11(水)デポー真砂より飲料を中心に提供を開始しました。また停電が続いてしまったため、体調をくずされた方が数名出てしまいました。生活クラブ連合会から提供を受け、9/12(木)より発電機2台を設置しました。
・生産者のタイヘイ㈱のご好意から風の村特養とはぐくみの杜君津へ各50ケースの飲料水のご提供をいただきました。

・「生活クラブ・虹と風のファーム」の八街ファームが暴風により春先にできたビニールハウス2棟が倒壊してしまいました。


 

組合員への支援

・市原ブロックの県南部の停電や断水している地域を中心に、職員が班を訪問し安否の確認や 飲料水の配布を開始しました。また生活クラブ連合会から飲料水130ケースの提供があり、鴨川市、南房総市、館山市の組合員へ配布しました。地域の組合員からは、簡単に食事できるもの(ノンカップ麺や缶詰など)など希望の声も伺っています。

・合わせて地域の被災状況も確認し、今後被災されている全地域の組合員が求めている支援物資など聞き取りもおこないます。



被災されている皆様に向けて、必要な支援物資を可能な限り対応させていただき、皆様の復興をご支援します。
配達時に伝えていただくか、下記連絡先までご連絡ください。


 
【お問い合わせ】
生活クラブ虹の街 組織部
TEL:043-278-7172
FAX:043-279-7490


 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。