ここからサイト内共通メニューです。

台風15号による被災状況について③

千葉県内に甚大な被害をもたらした台風15号の上陸から1ヶ月が経ちました。広範囲に及ぶ停電や断水などはほぼ復旧しましたが、家屋や施設の損壊からの復旧はこれからです。
この度の台風15号の影響により被害を受けられた組合員や生産者、そして全ての方々に心よりお見舞い申し上げます。
生活クラブ虹の街では、生活クラブ連合会、生活クラブ関連会社と連携し、迅速な支援活動を進めてまいりました。この間の支援活動と復旧状況についてご報告いたします。

 

1.生活クラブ虹の街の状況

(1)被災組合員への支援活動

・生活クラブ連合会等からの支援を受けて被災組合員へ飲料水やレトルト系の食材を支援物資として届けました。水は大変助かると、会えた組合員は皆、とても喜んでいただきました。断水が復旧しても濁った水が出たり、停電・断水が復旧しても食事を作る気力がなく、レトルト食材は非常に助かると感謝されました。
 
提供日 提供先 支援物資
9/13(金) 鴨川市、南房総市、館山市の20班(200人ほど)組合員へ支援飲料水とし配布 たのめの里(2ℓ×6本)×128ケース
9/17(火) 八街市、山武市の該当の6コース組合員へ支援飲料水とし配布 たのめの里(2ℓ×6本)×128ケース
9/20(金) 君津市の組合員へ支援飲料水とし配布 たのめの里(2ℓ×6本)×128ケース
9/23(月) 鴨川市、南房総市、館山市の20班(200人ほど)組合員へ支援飲料水・物資とし配布 たのめの里(2ℓ×6本)×130ケース、ノンカップ麺、パックご飯、レトルトカレー、缶詰
9/24(火) 東金の組合員 火を使わずにすぐに食べられる食材
9/25(水)~27(金) 君津市、鴨川市、南房総市、館山市、八街市、山武市等の共済加入組合員へ共済訪問活動のお見舞い品(飲料水)として使用(約160人)     たのめの里(2ℓ×6本)×60ケース


支援物資 組合員宅


 

(2)被災地CO・OP共済契約者訪問活動

・家屋の損壊に対する住宅災害共済金のお支払いを迅速にすすめるため、被災したCO・OP共済《たすけあい》(Jコース除く)加入組合員(経済共済含む)宅を訪問しました。
・実施日時は9月25日~27日の3日間で、人員体制はコープ共済連1名、生活クラブ共済連3名の協力を得て、虹の街4名の合計8名で被災地の訪問活動を行いました。
・共済金の呼びかけと共に、水(たのめの里(2ℓ×6本)×60ケース)とタオル、折り鶴をお届けしました。断水は解消されていましたが、水は喜ばれました。また、折り鶴もお見舞いの気持ちとして手渡しし、こちらもとても喜ばれました。共済の“たすけあい”のこころを感じるものでした。
【訪問エリア/訪問件数(10/10時点)】
訪問エリア 訪問件数 対面件数 罹災認定件数
佐倉ブロック 山武市、旭市、八街市 63 31 4
市原ブロック 君津市、南房総市、館山市、鴨川市 93 51 13
合計 156 82 17


共済契約訪問 折り鶴を手渡し



 

2.生活クラブ風の村の状況 および各支援活動について

(1)風の村の状況

・生活クラブ風の村はぐくみの杜君津(児童養護施設)は、9月12日には停電は解消しましたが、断水状態(停電により浄水場の機械が壊れた)は続き、水質検査含め完全に復旧したのは9月22日となりました。飲料水はタイヘイから(2ℓ×6本)×50ケース、連合会から(2ℓ×6本)×34ケース提供されました。9月12日から真砂惣菜より昼食60食+夕食60食を毎日届けました(本部職員で運搬)。また9月14日から生活水として20ℓ×10を食材と一緒に運び、9月23日(月)まで実施しました。その他、生活雑貨等を連合会から提供していただきました。
【はぐくみの杜君津への支援活動(虹の街の把握部分のみ)】
提供日 提供元 支援物資
9/10(火) 生活クラブ虹の街 レトルトカレー、ノンカップ麺、お菓子等
9/12(木) タイヘイ㈱ 飲料水(2ℓ×6本)×50ケース
9/13(金) 生活クラブ虹の街 ロールペーパー、ティシュ等
9/16(月) 生活クラブ共済連 水、紙皿、紙汁椀、割り箸、ティシュ、ロールペーパー、ラップ
9/12(木)~ 生活クラブ虹の街 子どもと職員の昼食・夕食を60人分デリバリー

はぐくみの杜君津への食事支援



・生活クラブ風の村特養八街は地域全体が停電状態となりました。地下水のため断水となり、固定電話も携帯電話も使用不能となりました。急遽、連合会から発電機2台、安全農産物の小川さんやJFSA関連の方からの発電機の提供がありました。9月14日停電のなか発電車が接続され通電されました。物資は八街市からの支援もありますが不足気味のため、デポー真砂より飲料中心に提供しました。また連合会から美食百彩やノンカップ麺などが支援物資として提供されました。
【特養八街への支援活動(虹の街の把握部分のみ)】
提供日 提供元 支援物資
9/11(水) タイヘイ㈱ 飲料水(2ℓ×6本)×50ケース
9/11(水) 生活クラブ虹の街 たのめの里2ℓ、ジュース類
9/16(月) 生活クラブ共済連 美食百彩、ノンカップ麺、パックご飯、水、ジュース等
9/12(木)~ 生活クラブ連合会 発電機2台


・生活クラブ虹と風のファームの八街ファームでは、春に建てたたばかりのビニールハウス1棟が倒壊してしまいました。ビニールハウスは、長さ30.6m(17間)面積は165.2㎡、約100万円です。9月19日(木)に、多くの支援を得て、全て片付けました。支援してくれた人たち:JFSA3人、千葉ダルク4人、千葉ブロックのコミュニティ「あみあみ」2人。発電機・サンダー(金属切断機)はユーズリサイクルから借りました。

 

(2)千葉県生協連関連

・千葉県より千葉県生協連を通じ支援物資の依頼が入りました。9月19日、大多喜町のボランティアセンターへお菓子500人分を生活クラブ連合会から提供しました。
・千葉県連と協力し、千葉県災害ボランティアセンター連絡会(千葉県社会福祉協議会)へ、人員支援を行いました。物資のマッチングや配送手配、ボランティアからの問い合わせ等を行いました。
 

(3)地域での炊き出し支援

・被災地域の組合員の方や友好団体である市川ガンバの会(ホームレス支援活動)からの要請を受けて地域での炊き出し等の物資支援を行いました。
 
提供日 提供先 支援物資
9/14(土) 市川ガンバの会 炊き出し用食材(カレー、トン汁等)カレールー、こうじみそ、水、米、豚肉等、南房総福祉施設での炊き出し用食材50人分 デポー真砂から提供
9/18(水) 南房総市大井青年館 炊き出し用野菜類、牛乳、ヨーグルト(新生酪農より)組合員から依頼を受け炊き出し用食材100人分 デポー真砂から提供
9/20(金) 八街市二区コミュニティセンター 炊き出し用食材70人分デポー木刈から提供


ガンバの会 炊き出しの様子



 

3.カンパ活動の実施

・虹の街独自で被害にあわれた組合員に向けた支援物資の提供や千葉県内の生産者及び生活クラブ千葉グループの支援等に向けての「緊急カンパ」に取り組みました。生活クラブ連合会でも、44週・45週の食べるカタログで「緊急カンパ」に取り組みます。
・使途の内訳は虹の街理事会(連合会カンパは連合理事会)で決定する予定です。次回以降の台風関連のニュースでみなさまにお伝えします。

《緊急カンパの使途》
①被害にあわれた生活クラブ虹の街組合員に向けた支援物資の提供
②千葉県内の生産者及び生活クラブ千葉グループへの支援等
③その他支援に関わる活動費用


 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。