ここからサイト内共通メニューです。

暮らしの見直し講演会 開催報告

1月29日、コープ共済連後援によるくらしの見直し講演会が、津田沼モリシアホールにて開催されました。
テーマは「40代からはじめる 老後の資金つくり」です。講師に迎えたのは、(株)生活設計塾クルー 取締役で、ファイナンシャル・プランナーの深田晶恵さんです。新聞・雑誌・TV出演などでも活躍されている深田さんの話をぜひ聞いてみたいという方が多く、会場は113名の参加者で満席となりました。



昨年注目を浴びた「老後資金2,000万円問題」を取り上げ、そもそも年金だけでは老後資金が足りないのは当たり前というお話をされました。
2,000万円の根拠や老後資金はいくら必要か?という漠然とした疑問や不安が、分かりやすい資料とご説明により明確になりました。まずは自分にとって必要な金額を計算し具体化する事が大切だと学びました。

老後資金の目安が分かったところで、40~50代がお金を貯めにくくなった要因と、今の時代に合った老後資金の作り方をお聞きしました。
印象的だったのは、貯蓄アップのモチベーションになるのは「危機感」というお話でした。今後の収支の流れを見える化し、現状把握をする事で「このままではまずい」と実感できるそうです。その為に有効なのが、1年間の収支を紙に書いて年間合計を見るという行動。それは女性にとって体重計に乗るくらい嫌な事なのだとか。パソコンで打ち込むのではなく、手で記入して電卓をたたき数字を見てみると、血の気が「サーッッ」と引くそうです。このホラー体験を、ぜひ試してみてくださいと、笑いを織り交ぜたお話に会場が和みました。



モチベーションが高まったら、貯める力を身につけます。できることは何でもやる!のチリツモ精神が大切とのこと。通信費や保険料、住宅ローンなど固定費を中心に支出の見直しや収入アップ作戦についてお話しされました。見直す際のポイントや注意点、パート収入における壁なども一般的な具体例を基に分かりやすくご説明いただきました。冒頭の挨拶で「忖度なく自由に話せる生協の講演会はとても良い」とおっしゃっていたとおり、参加者にとって純粋に暮らしを見直す良い機会となりました。




 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。